バレンタインについて

昨日はバレンタインのチョコレートを買いに行った。昨年は働いていたので会社の仲の良い男性の同僚にあげたりしていたけど、今年はオットと自分の父親だけ。時間はあるし、手作りかなあ(-_-;)と思っていたけどオットが今年も手作りチョコの意味がわからんと演説してくれたので市販のチョコです。私に気遣ってというよりは本気で思っている。たまに「食べたくなったから」とゴディバとか買ってくるようなオットなのです。チョコレートは高いことが最善である彼にとって、手作りという言葉は(ありがたいことに)価値が無いのです。

私も手作りは材料とか道具でお金は意外とかかる割に結局市販のチョコの方が美味しいし(私が作った場合)、溶かして何か混ぜて固めただけのもの(簡単な手作り)をどや顔で渡せるほど自分大好きではないので、喜んでお買い物。

思えば、まだ義理なのか気持ちがあるのか自分でも良く分からない、あまり気持ちを認めたくない時期に、彼には5000円のチョコあげたなあと懐かしく思い出しました。買ってから義理の値段じゃねえなと思って渡すのにすっごく悩んだものです。

バレンタインの意味もわからんと話すオットからの提案で、本当は今年のバレンタインは何も無しで、ホワイトデー近辺に予算3000円でプレゼント交換しようと話し合っていたけど、バレンタインのチョコレートは今しか買えないしね。